amazonギフト券買取を依頼してから現金振込までの時間に差があるのはなぜ?

amazonギフト券買取依頼を行ってから実際に現金振込が行われるまで、1時間で済むならば十分に早いと考えられます。

過去に何度もamazonギフト券買取店へ売却してきましたが、最短は45分最長は翌日午後でした。

では、なぜamazonギフト券買取には多くの時間差が発生してしまうのでしょうか。

何社も利用して比較して分かったことがあります。

amazonギフト券買取後に転売市場で売却する買取業者は時間にバラつきがある

amazonギフト券を買取店へ依頼してもらう際には、現金振込までの待ち時間にバラツキがある買取店が少なくありません。

比較的買取率が高い店舗に多い理由として、買取したamazonギフト券を転売市場へ出品して売却して得られた現金から手数料を差し引いて現金振込していることが原因です。

手持ちの現金を多額に用意する必要がなく、転売市場で売れてからすぐに現金振込を行うために売れるまでの時間が長いほど現金振込を待たされることになります。

転売市場で売却しているamazonギフト券の見分け方は、amazonギフト券の券種をEメールタイプに限定していることと、券種を10,000円以下に限定している点で判別可能です。

なぜなら、10,000円を超える金額のamazonギフト券は売れ行きが遅くなるので、当日中に売れずに翌日まで掛かってしまうことが多いからです。

クレームを避けるためにも売れやすい5,000円または10,000円のamazonギフト券を指定する傾向があります。

amazonギフト券買取後に自社管理アカウントへギフト券登録する買取業者は現金振込が早い

買取したamazonギフト券を転売しない買取店は、買取率が転売している店舗よりも3%程度低めとなる代わりにamazonギフト券の買取制限が緩くなっています。

問い合わせを行った時に教えてもらえましたが、転売市場で売却している買取店は差益だけで利益を出すために現金化する際のロスが僅かです。

しかし、転売市場で売れなければ現金振込できないためにクレーム対応だけしっかり行わなければなりません。

一方、買取したamazonギフト券を自社管理アカウントへ登録するだけならば、残高が増えることで有効性を確認できるのですぐに現金振込してもらえます。

目安として1時間以内に取引が完了するamazonギフト券を探している場合には、自社管理アカウントへ登録している店舗を選ぶと良いでしょう。

amazonギフト券買取店を選ぶ際には買取後のamazonギフト券処理で見極めよう

amazonギフト券買取店の営業形態により、転売市場での売却と自社管理アカウント登録のどちらを採用しているのか、買取店のホームページだけでは判断が難しい時があります。

最も簡単な見分け方として、買取金額がリアルタイムで毎日変わることと、買取可能なamazonギフト券の券種指定があるかどうかで見極められるはずです。

amazonギフト券の転売市場では、3,000円・5,000円・10,000円というギフト券種が好調な売れ行きを示しています。

10,000円以下の金額指定でamazonギフト券買取を行っている店舗は、転売市場で売却している可能性が高いです。

一方、自社管理アカウントへamazonギフト券登録を行っている場合には、端数がある金額のamazonギフト券や高額券種であっても買取に応じています。

なぜなら、自社管理アカウントへ登録してしまえば、合計金額を使って商品の仕入れを行い現金化するので細かい端数があっても気にならないからです。

amazonギフト券買取を依頼してから実際に現金振込までの時間に差が出ることは、買取したamazonギフト券をどのように現金に換えているのかという方法が影響しています。

なぜなら、転売市場でamazonギフト券を売却する場合には、売れるまで現金振込を行えないために売れ行きに現金振込時間が左右されるからです。

自社管理アカウントへのamazonギフトアカウント登録ならば、残高が増えたことを確認すればすぐに現金振込を行えるために買取率は低めであっても1時間以内に現金振込が完了します。

タイトルとURLをコピーしました